収入証明書不要の会社

お金が急に必要になってしまい、消費者金融の業者からキャッシングのサービスを利用する場合には収入の証明書の提出が必要になってくることを認識しておきましょう。この収入証明書の提出は法で定められています。

この法は2010年に施行されており、貸金業法と呼ばれています。例えば借り入れが1社の場合に50万円を超えた場合や、複数の金融業者からの借り入れの金額が100万円を超えた場合には収入証明書の提出が必須になりました。

ここで注意していただきたいのが対象となっているものに限りがあります。クレジットカード会社であったり、消費者金融の業者であったり、または信販会社という範囲になります。もしも銀行からのキャッシングをした場合にはこちらは対象外となりますので覚えておきましょう。専業主婦でも借りれるカードローンは銀行系からの借り入れになり、収入証明が不要という場合が一般的です。

まずは自分がどこからいくらぐらいの金額をキャッシングしているのか確認をしておきましょう。それではいったいなんで銀行だけと思う方もいるかもしれません。銀行の場合には、銀行法にのっとっていますので対象外というわけなのです。

このように自分がいくらか銀行からキャッシングをしていたとしてもそちらは対象外になるのです。またこのようなことを考えて収入証明書が不要といったことを打ち出している業者においては非常に危険な業者の可能性も考えられますので、あまりうかつにキャッシングを利用しないようにするといいでしょう。金融業者であれば大手の業者を選択するようにするといいでしょう。

You may also like